国立天文台:重力レンズ『ホルスの目』発見




8月4日(木)のニュース記事で、国立天文台研究チームが、アインシュタインリング=重力レンズ で出現した、『ホルスの目』を発見したと知った。


kokuritsu tenmondai



2015.9.28~10.1 東京・三鷹市 国立天文台・成人向け・すばるの学校『中秋の名月』企画 ・授業中に発見。

*28日満月:私の2015.9.28,29 は、『美女と野獣』の絵が浮かび上がった、中秋の名月の記事

2016.7.25 米天文学会 物理学誌上に掲載・発表




(重力レンズ)
遠方の銀河ー途中の銀河ー地球上の人間の目:3つが、一直線に並んだ時、遠方の銀河の光が、途中の銀河の重力で歪められて、地球上の人間の目には、その歪んだ像として見える現象。

特に、リング状に見える重力レンズ効果を、アインシュタイン・リング(1936.12.4~)と呼ぶ。


ウルトラセブンが、重力レンズに歪められ、地球人には、変身・諸星ダンに見える。
けれど、地球外の怪獣、星人には、諸星ダンは、真実の正体:ウルトラセブンだと、見えている。

宇宙の魔法!




今回発見の、『ホルスの目』重力レンズは、二重のリングの中に、オレンジの目のような光の形

外側青いリング:105億光年=統合=東郷
内側赤いリング:90億光年=空海
中央オレンジ色=ジャガー神



me

右 カップ芸術:8.2.15:05





(宇宙からのメッセージ)


1  魂のピラミッド頂点:ホルスの目は、空海とオオタタネコの統合で、形成されている。


2 私と大宇宙は、繋がっている。


3 地球人が、神と呼んでいる全ては、元々、異星人=宇宙人である。


4 地球は、元々、シリウスの子供の星。



5 私が、このブログで述べて来たことは、全て、真実。




追伸

2015.9.28 スーパームーン(中秋の名月)


2015.9.28 mangetsu

『美女と野獣』

美女:ベル
野獣:本来の姿・王子様

地球人には、歪んだ姿、野獣に見えていた男は、地球外宇宙から見れば、美しい王子。


大宇宙は、3次元地球人の価値観、お金、肩書、外見等には、興味ない。魂の輝き、真実の姿しか、見ていない。





2016-08-05(Fri)
 
ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 3000

紹介文:チャネリングにて、富士山様の、大宇宙叡智を、流して行きます。

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

プロフィール

黎明 reimei

Author:黎明 reimei
大宇宙の叡智を、富士山様経由でチャネリングして、地球人類へ流して行きます♪

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
カテゴリ
QRコード
QR